お仏壇のおまいり方法

お仏壇のおまいりの方法について

信心のあつい土地や、老人の元気な家庭で育った子供は、お仏壇におまいりすることが、欠かすことのできない日課となって、自然とその方法を習得しているものですが、現代のように核家族化が進むと、そういう環境で育つ子供が少なくなりました。若い人のなかには、お仏壇におまいりする方法も知らない人がふえてきています。
曹洞宗宗務庁の発行した『お仏壇のおまいりの仕方』という冊子から「おまいりの仕方」の項を引用させていだだきます。
お仏壇のおまいりの仕方は、各宗派によって異なりますが、各宗派とも、それぞれこのような小冊子を発行していますので、お求めになっておくとよいでしょう。

5img10.gif

--------------------------------------------------------------------------------

洗面をすませ、仏壇の前にゆき、まずローソクに火を点じます。線香に火をつけたならば、ちょっとおしいただいて、お上げします。そして“りん”を二つほど打ちます。線香の本数はふつう一本でよろしいのですが、家族が二人なら二本あるいは三人なら三本あげても結構です。別に何本でなければならないというキマリはありません。
もし、香爐(こうろ)にお香をたくならば、まず一つまみし頂いて火にくべ、次におし頂かないで一つまみ火にくべます。つごう二回という形になります。
さて、線香を上げたならば、居(い)ずまいを正して坐(すわ)ります。手は下腹のところに組んで深呼吸を二、三べんして気持を統一します。
次に両掌(りょうて)を合わせ、鼻(び)端に自然に立てて合掌し、無心に頭を下げて礼拝します。この時のお唱えごとですが「南無釈迦牟尼仏(なむしゃかむにぶつ)」と低声に称(とな)えるのがよろしいでしょう。三回、ないし五回と同じようにくりかえし称えると気持ちが通じます。
本来、三宝唱名といって「南無帰依仏(なむきえぶつ)、南無帰依法(なむきえほう)、南無帰依僧(なむきえそう)」と仏法僧(ぶつぽうそう)の三宝におまいりする意味になりますが、曹洞宗の本尊様は三法帰一(さんぽうきいつ)のお釈迦様ですから「南無釈迦牟尼仏(なむしゃかむにぶつ)」とお称えてよろしいのです。
このたび、宗門においてお釈迦様を中心として高祖道元禅師(どうげんじ)様と太祖けい山禅師(けいざんぜんじ)様(このお二方を両祖と申し上げます)をご一緒におまつりした三尊仏御尊像の御両軸が一宗制定のものとして立派に謹製せられ、菩提寺(ぼだいじ)を通じて御本山からお受けできるようになりました。このお軸をおまつりしておまいりする時には、ていねいにそれぞれの御名をお唱えすると礼拝の気持ちがいっそう通じます。
「南無大恩教主本師釈迦牟尼仏(なむだいおんきょうしゅほんししゃかむにぶつ)、南無高祖承陽大師(なむこうそじょうようだいし)、南無大祖常済大師(なむたいそじょうさいだいし)、南無大慈大悲哀愍摂受(なむだいじだいひあいみんしょうじゅ)、生々世々値偶頂戴(しょうしょうせせちぐうしょうだい)と唱えます。
しかし、前に述べましたように、三尊仏は両祖さまが釈迦牟尼仏に蔵身されますから単に「南無釈迦牟尼仏(なむしゃかむにぶつ)」とお唱えするだけでもよろしいのです。
本宗は念仏や題目のように一仏もしくは一経の御名をくりかえし唱え、それによって功徳(くどく)をうける行き方とちがって、仏に帰依(きえ)するまごころをあらわす唱えごとですから、一つに限定する必要はないのです。お唱えしてみて、最もしみじみとおまいりできるものをえらんでお唱えしてください。一ぺんでもなんべんでもよろしいのです。肝心(かんじん)なことは、端坐(たんざ)して身と心とをととのえ、一切の雑念(ざつねん)をはらって、専一に合掌礼拝することであります。
もちろん、み仏に懺悔(ざんげ)することや、お誓いすることや、お願いすることはいずれのことを憶念(おくねん)してもよろしいですが、まず一だびは無心に空の気持ちになっておまいりすることが肝要です。端坐(たんざ)と礼拝は無我相(むがそう)なりといわれるように、世の中のことでこれほどまじり気なく純粋な気持ちのときはないでしょう。
このような心の状態を帰仏と申します。したがって、本宗のおまいりの姿を一口に申せば、端坐(たんざ)、合掌、帰仏(きぶつ)というおぼえやすいことばでいいあらわせます。
【『お仏壇におまいりの仕方』曹洞宗宗務庁発行より】
参考文献:「仏教おもしろ雑学(梧桐書院)」
posted by ごくらくや at 12:50 | 豆知識

お仏具について

お仏具について

<お仏像>
3img50.gif
 
仏教の教えの具体化された形として、お仏像はつくられました。これに対して私たちは命がけで礼拝し、その功徳をいただこうとします。しかしお仏壇は、祖先をおまつりするのが大きな目的ですから、お仏像は仏教のシンボルであるとともに、先祖のみ霊(たま)のシンボルとしてまつられるのです。
したがってお仏壇の中央の上段に安置し、位牌はその横に建てます。お仏像は彫刻のこともあり、お絵像のこともあります。
新しく買い求めたときは、お仏像にも「開眼(かいげん)式」をします。


<茶湯器(ちゃとうき)>
3img51.gif
 
お仏壇には毎朝、入れたてのお茶をさしあげましょう。亡くなって間もない仏のためには、お茶の代わりに水をお供えしますが、多数の位牌にさし上げるときは、まとめてお茶をあげます。真宗以外の宗派では、中段に一対、必ずお飾りします。


<常花(じょうか)>
仏教では蓮華(れんげ)を大切に考えています。蓮(はす)が泥のなかから生まれながら、泥にけがされず、清らかに咲くさまを、人間が迷いの世界に住みながらも、よりよく生きる姿にたとえています。しかし、生の蓮はつねに求められないので、造花を立てることになり、そのとき金(きん)は七宝の第一にあげられていますので、最高の蓮華という心で金箔塗りの金蓮華を立てます。真宗の方のみ、中段の外側に一対のお飾りをします。


<高杯(たかつき)>
3img52.gif
 
お菓子や果物(くだもの)をお供えします。足の高いお皿を用いるのは昔、お膳がなかった時代の食器だからですが、これを神祭に用いたのを御先祖のためにも使うからです。これはまた、先祖へのうやまいの心のあらわれです。高杯の下には半紙を敷き、下段に飾ります。


<仏飯器(ぶつぱんき)>
3img53.gif
 
朝ご飯がたけましたら、そのお初をまずお供えします。お仏飯は高く盛り、ご本尊とご先祖とに対して二つお飾りするのが正式です。


<香炉>
3img54.gif
 
お線香や抹香(まっこう)を焚(た)くものです。気高い香りによってみ仏をよろこばすとともに、お仏壇や室内を浄化し、私たちの心をきよらかにします。香の香りで、落ち着いた気持ちでお仏壇に手を合わせることができます。お線香は立てたり横に寝かせたりしますが、別に宗派にこだわる必要はありません。ただ、立てた線香は火の用心がいります。


<五具足(ごぐそく)>
3img55.gif
 
花一対、ローソク立(たて)一対、焼香用香炉一つの五つで一組です。香炉は中段中央、花立ては下段外側、ローソク立を下段内側にお飾りしますが、正式には中段に卓(じょく)を置き、その上に五具足をならべて飾ります。
普段は左側に花立一個、右側にローソク立一個、中央に香炉を飾る「三具足(みつぐそく)」でも結構です。


<吊灯籠(つりとうろう)、置灯籠(おきとうろう)>
3img56.gif
 
平安時代の華美な阿弥陀堂(あみだどう)に、シャンデリアのように美術品の釣灯籠(つりどうろう)を飾ったのがおこりです。仏様の御面相を照らしたり、お仏壇のなかをあかるくするためのものです。
本来、油の灯を使いますが、いまは豆電球が多くなりました。油の灯に虫が集まり、死ぬのを防ぐのと、装飾のために籠(かご)をつけたのが、現在の形になりました。


<お掛け軸(おかけじく)>
ご本尊【お仏像】の左右に、それぞれの宗派と深いかかわりのあるお方を安置します。お仏壇の大きさに応じて種類も豊富にありますが、これは強制的ではないので、自分の信仰する仏や、参詣したところでお受けしたお軸もかければよいでしょう。


<りん>
3img57.gif
 
経机の右側のたたみに置きます。お経本には、この「りん」をならす個所が印されています。壮厳な雰囲気(ふんいき)と強く長く響く音によって、邪念を払い、無欲の心になるためとされています。ならし方は、内側から軽くたたき上げます。{りん}棒は金襴を巻きつけたものが、よくひびきます。
参考文献:「仏教おもしろ雑学(梧桐書院)」
posted by ごくらくや at 12:48 | 豆知識

仏壇・仏像の修復

お仏壇にこのような症状は出ていませんか?

5img07.gif

(1) 戸の板がわれてきた時
(2) 彫刻類が欠けてしまった時
(3) 障子の彫刻を変えようとお考えの時
(4) 色があせてきた時
(5) 唐木仏壇を金箔仏壇に塗り変えようとお考えの時
(6) ローソクの灯でお仏壇をこがされた時
(7) 仏壇の高さを変えようとお考えの時
(8) 彫刻類がこわれてきた時
(9) 戸・障子の開閉がしにくくなってきた時
(10) 金箔がはがれて黒い部分ができてきた時
(11) 障子の格子がこわれてしまった時
(12) 金具類がこわれてしまった時
(13) ネズミが木地をかんでキズが入ってきた時
(14) 漆の部分がはがれたり割れたりしてきた時

このような時は、ごくらくや佛檀店の専門スタッフにご相談ください!


お仏像の修理・修復におきましては、ご先祖様から受け継がれてきた宝物を“ごくらくや”の技術で、もう一度新調当時の輝きによみがえらせます。

修理前

5img08.gif

右斜め下右斜め下

修復後

5img09.gif
posted by ごくらくや at 12:42 | 豆知識