入魂

「魂入(たましいい)れ」

新しい仏壇・仏像を、まず供養する
5img26.gif


仏壇、仏像、位牌(いはい)、仏画、曼荼羅(まんだら)、卒塔婆(そとうば)、墓石などを新しくつくったり、修復したときに、僧侶に読経してもらって供養することを、俗に「魂入れ」といいます。
この様式を行なうことによって、はじめて仏像や位牌は霊験(れいけん)あるものになるとされます。
日本では、天平勝宝4年(752年)に、東大寺で行なわれた大仏開眼供養(かいげんくよう)が最初で、正式な作法や呼称は、現在、宗派によってまちまちです。

5img27.gif

浄土真宗本願寺派では「入仏式」、真宗大谷派では「御移(おうつ)し」、その他の宗派では「仏壇開(ぶつだんびら)き」とか「入魂式(にゅうこんしき)」「開眼供養」などといいます。地方によっては、「お霊入(たまい)れ」「性根(しょうね)入れ」などともいっています。
新しいものを安置して、不要になった仏壇や仏像などには「魂抜(たましいぬ)き」を行ないます。「閉眼供養(へいがんくよう)」「お性根抜(しょうねぬ)き」ともいいます。「魂抜き」が終わった仏壇などは、菩提寺で火で燃やしてもらいます。それを「おたき上げ」といいます。
なお、「魂入れ」にしても「魂抜き」にしても、そのための特別なお経があるわけではありません。それぞれの宗派で通常供養に使うお経を読み、これは何のための読誦したのかを唱える「回向文(えこうもん)」のなかで、その主旨を述べるのです。

参考文献:日本人の「仏教のしきたり」ものしり辞典(大和出版)
posted by ごくらくや at 13:04 | 豆知識