仏壇の種類

「金仏壇」

5img23.gif

極楽浄土の荘厳を表す壮麗な仏壇  
木地(きじ)に漆(うるし)を塗り、金箔を張りつめた仏壇を「金仏壇」とか「漆塗金仏壇(うるしぬりきんぶつだん)」といいます。
材質は主として、檜(ひのき)、杉(すぎ)、欅(けやき)などです。
現在のような仏壇は、江戸時代に浄土真宗の蓮如上人が真宗門徒に対して各家にお仏壇を安置するよう説いてまわったのがはじまりといわれます。これらはすべて金仏壇でした。
浄土真宗では、仏壇は位牌を安置したりするためのものではなく、阿弥陀仏の極楽浄土の「荘厳(しょうごん)」(仏の徳を表わす麗しい飾り)をそのまま表わすという考え方が徹底しているので、特に仏壇には華美をつくす傾向があるようです。
内部には「荘厳づくり」というみごとな細工が施してあり、安いものでも数十万円、高いものは数千万円します。
また、仏壇は先祖の位牌をまつるものだと考えてる人がいますが、そうではありません。仏壇はその名のとおり、仏をまつる壇で、もとは仏像を安置する「厨子(ずし)」から発達したものといわれます。したがって、仏壇の中央・最上段には「本尊(ほんぞん)とする仏像などをまつるのが正解です。位牌を置く場合は、本尊の両脇か、つぎの下の壇にします。


「唐木仏壇」

5img22.gif

素材の美しさを活かした仏壇  
明治時代になると、浄土真宗以外の宗派でも、各家庭に仏壇を安置するようになりました。はじめは、金仏壇を安置していたようですが、各宗派が独自性を出すために唐木の仏壇が生まれました。また、戦前になると金が不足になり唐木仏壇が広まるようになりました。
木材の材質をそのまま生かした唐木仏壇は磨き抜かれた木目の美しさが特徴で、落ち着きのある印象を与えます。
材質は黒檀(こくたん)、紫檀(したん)、カリン、クルミ、桜、タガヤサンなどの唐木(からき)を使い、奥の壁に少しだけ金箔を用い、渋好みにしてあります。 関東以北では、ほとんどが、この様式を使っているようです。

参考文献:日本人の「仏教のしきたり」ものしり辞典(大和出版)
posted by ごくらくや at 12:59 | 豆知識