お十夜とは?

「お十夜(おじゅうや)」は正式には「十日十夜別時念仏会(じゅうにちじゅうやべつじねんぶつえ)」といい、今では浄土宗のお寺と地域によっては他の宗派でも多く行われている法要です。

 10月から11月にかけて全国の寺院でひろく行われる 念仏会(ねんぶつえ)です。「お十夜」「十夜法要」「十夜講」「十夜念仏」などともいい、正しくは、「十日 十夜 (じゅうや)法要」といいます。もともとは陰暦の10月5日の夜から15日の朝まで、10日10夜にわたる 法会 (ほうえ) でした。

PHM02_0315.JPG

 
 この法会は、浄土宗で最も大切な経典の一つ『無量寿経』の巻下に、

「この世において十日十夜の間善行を行うことは、仏の国で千年間善行をすることよりも尊い」

と説かれていることによって、その教えを実践したもので、10日10夜にわたり 不断(ふだん)念仏を称えて別時(べつじ)の念仏を修し、阿弥陀さまのお慈悲に感謝する法要であります。

 この法会が初めて営まれたのは、今から550年ほど前(永享年間)、伊勢守平貞経(いせのかみたいらのさだつね)の弟 貞国(さだくに)が、世の無常を感じ、出家して仏道に生きようと、真如堂にこもって念仏の行をされたことに始まります。
 3日3夜のお勤めが済んだら髪を落として出家しようと決意していた3日目の明け方、貞国の夢枕にお坊さんが現れて、

「阿弥陀さまを信じる気持が本当なら、出家するしないは関係ないではないか。出家するのは待ちなさい」

とお告げをされました。
貞国が出家を思いとどまって家に帰ってみると、兄は上意に背き吉野に謹慎処分。代わりに貞国が家督を継ぐようにという命令が下っていました。貞国は、
「兄は謹慎だし、自分も出家をしていたら家督を継ぐ者がいなくなって、執権職を受けるどころか、家も断絶していただろう。これは阿弥陀さまのお陰だ」
と感激し、あと7日7夜、合計10日10夜の念仏をしました。
これが「お十夜」の始まりです。

 その後、明応4年(1495)に、現在浄土宗の大本山の一つになっている鎌倉光明寺の第九世 観誉祐崇上人(かんよゆうそうしょうにん) が、後土御門(ごつちみかど)天皇に招かれ、宮中で、『 阿弥陀経 (あみだきょう) 』の講義をされ、さらに真如堂の僧といっしょに 引声 (いんぜい) 念仏を修し、 勅許 (ちょっきょ) を得て、光明寺で法要を行うようになりました。

PHM02_0309.JPG





 
 これが浄土宗でのお十夜の始まりで、今では浄土宗の大切な法要となっています。




posted by ごくらくや at 15:15 | 豆知識

入魂

「魂入(たましいい)れ」

新しい仏壇・仏像を、まず供養する
5img26.gif


仏壇、仏像、位牌(いはい)、仏画、曼荼羅(まんだら)、卒塔婆(そとうば)、墓石などを新しくつくったり、修復したときに、僧侶に読経してもらって供養することを、俗に「魂入れ」といいます。
この様式を行なうことによって、はじめて仏像や位牌は霊験(れいけん)あるものになるとされます。
日本では、天平勝宝4年(752年)に、東大寺で行なわれた大仏開眼供養(かいげんくよう)が最初で、正式な作法や呼称は、現在、宗派によってまちまちです。

5img27.gif

浄土真宗本願寺派では「入仏式」、真宗大谷派では「御移(おうつ)し」、その他の宗派では「仏壇開(ぶつだんびら)き」とか「入魂式(にゅうこんしき)」「開眼供養」などといいます。地方によっては、「お霊入(たまい)れ」「性根(しょうね)入れ」などともいっています。
新しいものを安置して、不要になった仏壇や仏像などには「魂抜(たましいぬ)き」を行ないます。「閉眼供養(へいがんくよう)」「お性根抜(しょうねぬ)き」ともいいます。「魂抜き」が終わった仏壇などは、菩提寺で火で燃やしてもらいます。それを「おたき上げ」といいます。
なお、「魂入れ」にしても「魂抜き」にしても、そのための特別なお経があるわけではありません。それぞれの宗派で通常供養に使うお経を読み、これは何のための読誦したのかを唱える「回向文(えこうもん)」のなかで、その主旨を述べるのです。

参考文献:日本人の「仏教のしきたり」ものしり辞典(大和出版)
posted by ごくらくや at 13:04 | 豆知識

位牌とは?

「位牌」
故人の霊の仮の宿
故人の霊をまつるために、戒名(かいみょう)や法名(ほうみょう)を記して、家庭の仏壇や寺院の位牌壇に安置する木製の牌を「位牌」という。例の「依り代(よりしろ)」と一般に考えられているようです。
位牌の起源は、仏教ではなく儒教です。
孔子(こうし)のころのしきたりでは、遺体はしばらく棺(ひつぎ)のまま屋敷に置いておき、実際に埋葬するのは三ヶ月から七ヶ月後でした。その後、埋葬をすませてから死者の霊を慰めるための儀式をしたのですがこのときに神霊をよりつかせる「依り代」をつくりました。これを「木主」とか「虞主」といったのですが、これが位牌の原形だといわれています。
日本では室町時代に禅宗で使い始められ、十六世紀に入って一般にひろまり、江戸時代にさらに普及していったようです。
ふつう、葬式では白木の位牌を用い、忌明けの四十九日に漆塗(うるしぬ)りの位牌に書き換えます。
現在、使われている位牌は二種類あります。


「札位牌(ふだいはい)」
5img24.gif

故人一人ひとり、単独に作られた位牌のことをいいます。
黒塗り、金箔を貼ったものなどがあります。
形は、蓮台(れんだい)をつけただけのものや、雲形(くもがた)や月などを彫刻した屋根をつけたもの、さらには唐草(からくさ)模様などを彫った両袖のあるものがあります。

「繰り出し位牌(くりだしいはい)」
5img25.gif

屋根や扉のついた位牌の枠があって、このなかに故人一人ひとりの戒名(法名)を記した長方形の板位牌を何枚かいっしょに納めるようになっているもの。
月忌、年忌にあたる位牌を、そのつどいちばん前にもってくるようにすれば、一基で何人もの位牌をかねることができます。
なお、「逆修墓(ぎゃくしゅうぼ)」と同じように、「逆修牌(ぎゃくしゅうはい)」というのもあります。生前に戒名・法名をつけてもらって、あらかじめ作っておく位牌のことです。この場合は戒名・法名の文字は朱で埋めておく習慣があります。
また、夫婦共に健在なときに逆修牌をつくることがあります。これは「寿牌(じゅはい)」といって、めでたいものとされます。

参考文献:日本人の「仏教のしきたり」ものしり辞典(大和出版)
posted by ごくらくや at 13:01 | 豆知識